政府の孤独・孤立対策について考えよう in 気になることを対話するひろば

276 views

3月23日に「政府の孤独・孤立対策について考えよう in 気になることを対話するひろば」を開催しました。

今、日本政府では孤独・孤立の対策を進めています。対話の場では、下記の政府の孤独・孤立関係のサイトの情報を一緒に見ながら、何が今の問題なのか? 公助で行うべきことって何?を話し合いました。

内閣官房 孤独・孤立対策
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kodoku_koritsu_taisaku/index.html
あなたはひとりじゃない 特設サイト
https://www.notalone-cas.go.jp/
首相官邸 孤独・孤立対策
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/tokushu/koritsutaisaku.html

 

当日は上記の政府の取り組みの概観を20分程度で確認し、メンバーのみなさんとの対話を勧めました。

対話を通して、孤独・孤立には多面的な意味があるが、社会問題として取り組む必要があると考えられているのが、「望まない孤独」 と「社会的な孤立」であることを確認しました。また、「政府の取り組みが、どうしたら孤独な人に届くのだろうか?NPOとの連携も進めているが、効果的な協働を進めるには?」「孤独は評価重視の社会と結びついているのではないか? 」「相談や支援を受ける権利があることを、どう孤立している人に理解してもらうといいのか?」「社会問題となっているのは、家族や地域が孤独な人を支える基盤が弱くなっているからではないか?」 などの意見や問いも出されました。

施策の概要、対話の内容は、アーカイブ動画(スタジオ・メンバーのみ)をご覧ください。

アーカイブ動画(メンバーのみ)

企画・運営:株式会社エンパブリック

Copyright  empublic Ltd.  All Right Reserved  @2021  (ページ掲載内容、動画コンテンツの無断転載、再配布を禁じます)