Studioコンテンツ

Studio コンテンツフロント(窓口)変化を広げて定着させる

シニア世代の誰もが デジタルを使いこなし、 楽しい毎日を過ごせる社会をつくるには?

0

デジタル庁デジタル推進委員のタノシニアンのお二人と考えよう!

開催日:2022/09/08 (木)

人生後半を豊かに自分らしく生きるために、デジタルはもっと使える! もっとみんなで楽しみたい!
どのような場やアクションがあれば、デジタルを楽しめる高齢世代の人を増やせるか、一緒にアイデアを出しあい、考えてみませんか?

タノシニアンの原点は、2020 年以降の緊急事態宣言の中、デジタルを活用して生きがいを感じられる場を広げたいという思いから始まった活動にあります。最初は9割の人がzoomを使ったことがない状況から始まり、様々な工夫をしながらオンライン交流会を継続し、今では全国から200 名以上が参加し、最高齢は90歳のメンバーが全員zoomを自ら使える状態になっています。そして、一部のメンバーはVRにも挑戦し、シニアチームでバーチャル雪まつり2022 に出展もしています。

このように参加者や活動が成長しているのは「楽しい」から!
そして、シニアがデジタルを楽しめるには、ただツールの使い方を学ぶだけでなく、オンラインでの交流の楽しさを実感し、人とのつながりを作りながらスキル習得できるプロセスがあるから。

この経験から得た知見をもっと社会に広げたい!と考えていた中心メンバーのお二人(入江眞知子さん、伴克子さん)の目に飛び込んできたのは、デジタル庁のデジタル推進委員のニュースです。デジタル推進員の役割は、「デジタル機器やサービスに不慣れな方にきめ細かなサポートなどを行うことで、社会全体として、デジタル社会の利便性を誰一人取り残されず享受できる環境を作っていく」ことだと知り、「私たちこそ!」を手をあげたところ、任命されました。

入江さん、伴さんは、台湾デジタル大臣のオードリー・タンさんの考え方をはじめ、世界のシニアとデジタルの取り組みの研究も行いながら、シニアがデジタルを使える環境づくりに取り組み始めています。

そして、お二人はデジタル推進委員としての活動を進めていくために、シニア世代、現役世代が交流し意見交換をしました。

「今の60代の世代は、パソコンが初めてでき、パソコン通信ができ、ホームページをHTMLで書き・・・と、それぞれの始まりを知っている世代。だから、これからのIT社会の前提にある基本構造がわかっている」という声も。なるほど!

多様な声が集まったセッションの様子をご覧ください。

21年11月開催「my Storying 入江眞知子さん、伴克子さん~タノシニアンの世界へようこそ」の動画も掲載。タノシニアン設立プロセスがわかることに加え、日常の雰囲気が伝わってきます。

アーカイブ動画 メンバー・コンテンツ

企画・運営:株式会社エンパブリック

Copyright  empublic Ltd.  All Right Reserved  @2021  (ページ掲載内容、動画コンテンツの無断転載、再配布を禁じます)