パブリックに貢献したい人のための事務局力を考えよう!

事務局の多面的な役割を探求しよう

コミュニティ・コーディネーター

探究プロジェクト

アーカイブ配信中

   メンバー・オープン

「事務局」という言葉を聞いて、皆さんはどんな役割を思い浮かべますか?
書類作業、事務手続き、ちょっとめんどくさい…、誰でもできる仕事?などのイメージをお持ちの方もいるかもしれません。
逆に、多様な主体が関わるプロジェクトを実施している皆さんはご自身が「事務局」を担っていることもあるかもしれません。
「事務局」と一言で言っても、多様な役割が含まれています。「遅れてきた人に声をかける」ことも「必要な事務手続きのフローを整えること」も「関わる人たちの思いを聞く」ことも「プロジェクトが目指す方向性をファシリテートする」ことも事務局の役割の中に含まれます。事務局という役割は、かかわる人によってイメージされる姿が変わる多面的なものなのではないでしょうか。

しかし、事務局があることで、様々な人たちの思いが場に出しやすくなり、社会との接点が生まれやすくなるのではないかと考えました。
事務局を担う人たちはそれだけで、社会といろいろな人との思いを「つなぐ」役割を担っているとも言えます。

「事務局」について様々な視点から考えることで、自分自身の仕事に取り入れたり、新たな社会やソーシャルプロジェクトとの関わり方が見つかるかもしれません。一緒に考えてみませんか?

*メンバーの方は、イベント・ページからご参加ください

プロジェクト・テーマ

「事務局」があるとどんな可能性が広がるんだろう?

田中さんは「自分の思いを社会に送り出していくには事務局力が必須」だといいます。
つい事務局に向いている人/向いていない人という言葉で考えがちですが、事務局があることで誰もが社会の中で力を発揮できるようになる可能性を秘めているのだと感じました。


事務局を担う人にとってもめんどくさい仕事ではなく「なによりも面白い仕事」になり、プロジェクトを仕掛ける側の人にとっても誰かがやってほしいではなく、「無くてはならない役割」となっていくために、様々な角度から
新しい「事務局」の形を考えてみませんか?

ファシリテーター、話題提供

【プロジェクト・オーガナイザー】田中咲子

【探求ゲスト】矢部純代(エンパブリック)

【コーディネーター】瀬沼希望(エンパブリック)

● セッション開催日時 ●

終了しました。アーカイブ動画を公開しています。

第1回 6月29(水)19:00~20:00

第2回 7月13日(水)19:00~20:00

第3回 7月29日(金)20:00~21:00
*3回目は時間が異なりますのでご注意ください

Studioメンバーはイベント・ページから参加してください(ログインが必要です)

 Studioフォーラムで、セッションに参加して、アーカイブを視聴して気づいたこと、自分のヒントになったことをStudioメンバーとシェアしませんか?

(ログインが必要です)

セッションの内容

第1回:事務局ってどんな時に必要なんだろう?(6月29日開催)

「事務局」といってもそのイメージは様々です。
書類作成などの事務手続きをイメージする人もいれば、企画や実行のサポートをイメージする人もいると思います。

事務局と聞いて姿が思い浮かぶ人も、あまり思い浮かばない人も、【どんな時に事務局が必要なんだろう?】というシーンを話し合いながら、事務局が持つ多面的な役割を明らかにしていきます。

第2回:事務局に必要な考え方ってなんだろう?(7月13日開催)
1回で考えた「どんな時に事務局が必要なんだろう?」というシーンでの行動を踏まえて、その行動の背景にある考え方や姿勢を明らかにしていきます。

第1回・第2回を通して事務局に必要な具体的な行動とそのためのマインドを一緒に考えていきましょう!

第3回:シン事務局を考える(7月29日(金)開催)

2回の講座を通してみえてきた「最高の事務局の姿」を皆さんと話しながら、「新しい事務局(シン事務局)」の可能性や、そこに至るまでの道筋を皆さんと考えていきます。9月以降に考えを深めるための「新たな問い」を皆さんと一緒に考えていきましょう!

アーカイブ

メンバーの方はアーカイブ動画をご覧いただけます。

メンバー・コンテンツ

Related Posts

企画・運営:株式会社エンパブリック

Copyright  empublic Ltd.  All Right Reserved  @2021  (ページ掲載内容、動画コンテンツの無断転載、再配布を禁じます)